新亜光学工業株式会社の強みはワンオペの仕事以外に社員を大切にしている会社

新亜光学工業株式会社は製造から配送までワンオペで解決

先ずはおおよその仕事の流れを確認しましょう

シャッターユニットをはじめお客さんから発注の依頼を受けた後に製造となります。新亜光学工業株式会社は依頼件数が多く、時には残業が続く日もあるくらいです。しかし、光学製品のエキスパートとして少しのズレや不具合が生じないように作業を行います。その流れを確認しましょう。

製造から配送前までの仕事とは?

新亜光学工業株式会社は、製造から輸送までをワンオペで行う会社です。先ず、製造をする光学製品について、勉強会などの機会に社員同士でアイデアを出し合います。研究や開発部門の人以外に、他部署の社員も参加をしてアイデアを出し合います。研究や開発を中心としたアイデアだけでは行き詰まりが起こりかねませんが、各種意見が出るためお客さんのニーズに合う製品が作りやすいです。また、会社の雰囲気も良く、たとえズレた内容や小さなことでも伝えやすい職場環境なのも、参加をしやすいだけでなく自然と会社全体のレベルアップを図れるポイントです。

その後、商品の製造をします。主に精密機械なので、少しのズレや不具合が出ると製品として出すのが難しくなります。時には細かい作業を必要としたり大量生産の依頼を受ける機会があります。新亜光学工業株式会社の社員は手先の器用な人が多く、急ぎの対応にも応じられるスキルがあります。また、作業中の適度な休息や社員が交代で休暇取得できる環境にあるため、健康面にも配慮しているのが伺えます。

製品ができてから輸送までに、検品作業を行い車両や船舶に荷物を積み込みます。光学製品は少しの衝撃や温度管理のズレにより故障のリスクが出ますが、万全な対策をします。また、輸送は新亜光学工業株式会社の社員が行います。なお、海外にも輸送をする場合があり、場所によっては1か月程度の仕事となります。しかし、帰国後は長期間の休暇を取得できます。なお、社員は空いた時間を趣味や家族サービスなどに充てて、心身の疲労回復に充てているようです。

配送完了するまでの仕事とは?

車両や船舶への荷物の積み上げが完了すれば、物流部門の社員が輸送をします。デリケートな製品であるため、温度管理や衝撃の対策も万全にします。また、届け先のお客さんとも接客をする機会があり、時には光学製品に関する情報交換もします。アイデアが出た時は社員に報告を行い、新たな製造や開発へと繋げています。

社員のケアも十分にしている会社

製造や輸送をはじめ、残業や長期間の勤務となる時が出ます。新亜光学工業株式会社では、社員ができるだけ万全な状態で勤務をしてもらうために積極的に休息や休暇取得を推進しています。常に良い仕事ができる環境づくりを徹底しているのも、新亜光学工業株式会社が信頼を得ている理由かもしれません。

TOPへ